MENU

気ままなブログ

糖尿病予備群とは

糖負荷試験で正常でも糖尿病でも無い人を糖尿病予備軍や境界型糖尿病と呼びます。この程度の血糖値では、糖尿病特有の合併症は起きにくいことがわかっています。そのため、直ちに糖尿病として扱われることはありません。ただし糖尿病予備軍の人は、数年以内に糖尿病を発病する確率が高いことが統計的に明らかになっています。